チッキ

精選版 日本国語大辞典の解説

チッキ

〘名〙 (check から)⸨チェック・チェッキ⸩
① 鉄道や汽船などの交通機関が、旅客から手荷物を預かって輸送するときの引換券。手荷物預証。
※蒲団(1907)〈田山花袋〉一〇「手荷物のチッキも貰った」
② (①から転じて) 手荷物として輸送すること。また、その手荷物。
※鳥影(1908)〈石川啄木〉一「荷札(チェッキ)扱ひにして来た、重そうな旅行鞄を」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

チッキ

checkから》鉄道などが旅客から手荷物を預かって輸送するときの引換券。手荷物預り証。転じて、手荷物として輸送すること。また、その手荷物。
[補説]「チェック」が「チェッキ」さらに「チッキ」と変化した。なお、JRの手荷物制度は、宅配便の普及に押されて昭和61年(1986)に廃止された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android