チャガタイ・ハーン(英語表記)Chaghatai Khān

世界大百科事典 第2版の解説

チャガタイ・ハーン【Chaghatai Khān】

?‐1242
チンギスハーンの第2子で,チャガタイ・ウルス(チャガタイ・ハーン国)の。中国史料では察合台。1207‐11年に行われたチンギス・ハーンによる一族の分封に際し,バルラース部,ジャラーイル部などに属する4000人(8000人とする説もある)のモンゴル人と,アルタイ地方における所領とを与えられ,チャガタイ・ウルスを創設した。しかしその後も,父に従って,11年の全国遠征,19年以降の西域遠征等に参加して武功を重ねた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android