チャン・ドク・ルオン(読み)ちゃんどくるおん(英語表記)Tran Duc Luong

  • 1937―

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ベトナムの政治家。5月5日中部のクァンガイ省に生まれる。ハノイ地質鉱山大学卒業。1955年地質総局勤務。1979年地質総局長。1984年国家科学技術委員会委員長。1986年党中央委員、1987年副首相、1992年再任(鉱工業、対外貿易担当)、1996年党政治局員、1997年9月~2006年6月国家主席を務める。ベトナム元首は初代が国家主席(大統領)ホー・チ・ミンHo Chi Minh(1945年9月~1969年9月)、第2代が国家主席トン・ドク・タンTon Doc Thang(1969年9月~1980年12月)、第3代が国家評議会議長チュオン・チンTruong Chinh(1981年7月~1986年12月)、第4代が国家評議会議長ボー・チ・コンVo Chi Cong(1987年6月~1992年4月)、第5代が国家主席レ・ドク・アインLe Duc Anh(1992年9月~1997年9月)、第6代が国家主席チャン・ドク・ルオン。社会主義国では国家主席、大統領の地位は儀礼的なものにとどまることが多く、党と国家の実権は書記長の手に委ねられるものだが、やはり主席、大統領はそれぞれの時代を代表し、時代を象徴するものとして、その存在が意味づけられている。[丸山静雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

現代外国人名録2016の解説

職業・肩書
政治家 元ベトナム国家主席(大統領),元ベトナム共産党政治局員

国籍
ベトナム

生年月日
1937年5月5日

出生地
クアンガイ省

学歴
ハノイ鉱山地質大学卒

経歴
旧ソ連で地質学や経済学を学ぶ。1955年南北分断によりベトナム南部から北部ハノイへ移住。ベトナム地質総局に勤務し、’79年地質総局長、’84年国家科学技術委員会委員長を歴任。この間、’59年ベトナム労働党(現・ベトナム共産党)に入党。’86年12月第6回党大会で中央委員。’87年2月閣僚評議会副議長。’92年9月副議長を改称し副首相に再任され鉱工業対外貿易担当。’96年党政治局員。’97年9月国家主席(大統領)に選出。2002年7月再選。2006年6月退任。1995年ド・ムオイ党書記長の訪日に随行するなど2回来日。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」現代外国人名録2016について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android