チョウ(テウ)・あざける(漢字)

普及版 字通の解説


常用漢字 15画

[字音] チョウ(テウ)
[字訓] あざける

[説文解字]

[字形] 形声
声符は(朝)(ちょう)。〔説文新附〕二上に「(あざけ)るなり」、〔玉〕に「言もて相ひするなり」とあって、調弄することをいう。(調)はまた(ちよう)と通用し、三字みな同義に用いる。

[訓義]
1. あざける、からかう、たわむれる。
2. 字はまた調・と通用する。

[古辞書の訓]
〔新字鏡〕 相ひ戲するなり。惠留(ゑる)〔名義抄〕 アザケル・タハブル・トトノフ・サヘヅル

[語系]
zjidyk、tjiuは声義近く、みな調の意をもつ語である。

[熟語]
調
[下接語]
・詼・喜・戯・狂・吟・群・献・指・自・笑・善・談・謗

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android