コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チョウセンブナ Macropodus chinensis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チョウセンブナ
Macropodus chinensis

スズキ目オスプロネムス科の淡水魚。体は長楕円形で,側扁する。口は小さく,やや上向き。背鰭と尻鰭の後端は長い。尾鰭の後縁は丸く,タイワンキンギョのように二叉していない。1914年以来関東平野濃尾平野岡山平野などの都会付近の河川に繁殖したが,今日ではほとんど見られない。汚水によく耐える。中国,朝鮮半島が原産地。(→闘魚

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

チョウセンブナ

トウギョ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チョウセンブナ
ちょうせんぶな
round-tailed paradise fish
[学]Macropodus chinensis

硬骨魚綱スズキ目キノボリウオ亜目トウギョ科Belontiidaeに属する淡水魚。朝鮮西部、中国の揚子江(ようすこう)中流以北が原産地。日本には1914年(大正3)に朝鮮半島から移入され、一時は各地で増えたが、現在では減少し、山形県、新潟県、栃木県、および関東平野、濃尾平野、岡山県に分布する。流れの緩やかな小川、溝、沼池、水田に生息する。体は卵形で尾びれの先端は丸い。雄は体長6センチメートル、雌はそれよりやや小さい。鰓腔(さいこう)上部に迷器とよばれる空気呼吸ができる補助器官があるので、ぬらした紙に包めば輸送することができる。ほかのトウギョ科魚類同様、雄は泡を吹き上げて水面に浮き巣をつくり、卵や孵化(ふか)した稚魚の世話をする。産卵期は6、7月。中国では昔から喧嘩(けんか)をさせて賭博(とばく)に使った記録がある。[中坊徹次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のチョウセンブナの言及

【トウギョ(闘魚)】より

…タイ原産のベタBetta splendens(イラスト)が代表的だが,近縁種にも闘争性の強いものがある。トウギョ属のタイクンキンギョMacropodus opercularis,チョウセンブナM.chinensis(イラスト)などがその仲間で,英名をparadise fishという。アジアからヨーロッパにもっとも早く入った観賞魚の一つで,たいへん美しいと評価されたらしい。…

※「チョウセンブナ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

チョウセンブナの関連キーワードパラダイスフィッシュトウギョ(闘魚)朝鮮金魚

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android