コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岡山平野 おかやまへいや

7件 の用語解説(岡山平野の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

岡山平野
おかやまへいや

岡山県南部,岡山・倉敷両市周辺に広がる瀬戸内海沿岸の平野。面積約 230km2。北は吉備高原,南は児島半島の丘陵に接する。吉井川,旭川,高梁 (たかはし) 川などの河川が運搬した土砂の堆積によって形成された沖積平野であるが,南部には児島湾干拓地や水島地区などの埋立て地がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

おかやま‐へいや〔をかやま‐〕【岡山平野】

岡山県南部の平野。吉井川・旭川・高梁(たかはし)川などの下流域の沖積平野で、干拓地も多い。米・ブドウ・モモ・イなどの産地。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

岡山平野【おかやまへいや】

岡山県南部,瀬戸内海に面する平野。面積約230km2吉井川旭川高梁(たかはし)川などの沖積平野で,児島湾は干拓されている。米,野菜の産が多く,イグサ栽培も古くから盛ん。
→関連項目岡山[県]灘崎[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

おかやまへいや【岡山平野】

岡山県南部の瀬戸内海に面する平野。岡山市,倉敷市,総社市,邑久(おく)郡の地域を含む。吉井川旭川高梁(たかはし)川の三大河川および砂川,笹ヶ瀬川,足守川などの堆積作用で形成された沖積平野で,吉井川以東の部分をとくに千町平野と呼ぶ。三角州の成長により16~17世紀には児島半島が陸繫島となったが,ほかにかつて島であったところが平野の中の丘陵として点在する。条里遺構は南限が不明瞭であるが,岡山市中心部以東では山陽本線沿線,以西では国道180号線沿線に顕著に認められ,とくに後者の地域には加茂の造山(つくりやま)古墳(史),三須の作山(つくりやま)古墳(史),吉備津神社吉備津彦神社,備中国府跡,備中国分寺跡(史),備中国分尼寺跡(史),こうもり塚古墳(史),備中総社,備中高松城跡(史)など古跡や名所が多く,吉備路風土記の丘県立自然公園に指定されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

おかやまへいや【岡山平野】

岡山県南部、吉井川・高梁たかはし川・旭川などの下流域に広がる沖積平野。平野の約半分は干拓地。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔岡山県〕岡山平野(おかやまへいや)


岡山県南部の平野。瀬戸内海に面し、岡山市・倉敷(くらしき)市・浅口(あさくち)市・総社(そうじゃ)市・瀬戸内市などの各市にまたがる。吉井(よしい)川・旭(あさひ)川・高梁(たかはし)川などの盛んな堆積(たいせき)作用で形成された。古くは「吉備(きび)の穴海(あなうみ)」といわれる海域が入り込んでいたが、各河川の堆積作用と干拓が進み陸地化。とくに児島(こじま)湾岸では、戦国期から大規模な干拓による新田開発が進んだ。明治期以後、大規模な稲作とイグサ栽培が盛んだったが、現在は全域で都市化が進む。縁辺の丘陵地ではブドウ・白桃などの果樹栽培が盛ん。倉敷市水島地区などは臨海工業地帯が形成されている。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

岡山平野
おかやまへいや

岡山県南部、瀬戸内海に面する平野。吉井川、旭(あさひ)川、高梁(たかはし)川の三大河川や砂川、笹ヶ瀬(ささがせ)川、足守(あしもり)川などの堆積(たいせき)作用により形成された沖積平野である。古い時代に吉備(きび)の穴海として広く湾入していた瀬戸内海の一部を埋めたため、かつての島は平野のなかに散在する丘陵になっており、児島(こじま)も16世紀から17世紀初頭には陸繋島(りくけいとう)となって児島半島となった。開発の歴史は古く、岡山市北区津島や倉敷市庄(しょう)などでは平野の地下から弥生(やよい)式の遺物、遺跡が発掘された。条里遺構の南限は不明瞭(ふめいりょう)であるが、岡山市以東ではJR山陽本線沿線から吉井川東岸の千町(せんちょう)平野にかけて、以西では旧山陽道や国道180号沿線に顕著に認められる。平野には両宮山(りょうぐうざん)古墳、造山(つくりやま)古墳、作山(つくりやま)古墳、備前(びぜん)国府跡、備中(びっちゅう)国府跡、吉備津神社、吉備津彦神社、その他の古代の史跡、遺跡が多い。岡山市付近では中世には大安寺荘、鹿田(しかた)荘などがあった。干拓では1584年(天正12)宇喜多秀家(うきたひでいえ)による倉敷、早島付近の開墾を初めとして、岡山藩による17世紀の沖新田その他、19世紀の興除(こうじょ)新田、明治以後は藤田組、第二次世界大戦後は農林省による干拓が行われた。一方、倉敷南部や水島でも多くの新田が開発され、第二次世界大戦後は水島で臨海工業用地が大規模に造成された。岡山県の経済活動の中心で、豊かな穀倉地帯であり、また岡山市、倉敷市が商業の中心をなし、臨海部は工業が発達している。[由比浜省吾]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岡山平野の関連キーワード牛窓児島半島周南瀬戸内日生諸島宇野港牛窓〈町〉岡山県岡山市中区岡山県岡山市東区瀬戸町瀬戸岡山県岡山市北区平野

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone