コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チレボン Cirebon

デジタル大辞泉の解説

チレボン(Cirebon)

インドネシア、ジャワ島西部北岸の港湾都市。旧称チェリボンジャカルタの東約200キロメートル、チレボン川の河口に位置する。古くから海上交易の拠点であり、スンダ人、ジャワ人、華僑アラブ人などの文化が混在する。19世紀はじめまでスルターン王国の都が置かれ、現在もクスプハン王宮カノマン王宮、カチルボナン王宮が残っている。バティックジャワ更紗(サラサ))の産地として有名。チルボン

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チレボン
ちれぼん
Cirebon

インドネシア、ジャワ島西部北岸の港湾都市。旧称チェリボンCheribon。ジャカルタの東約200キロメートル、チレボン川河口にあり、チレメ火山(3078メートル)の北東麓(ろく)に位置する。人口22万3776(1980)。1815年まで続いたスルタン王国の首都で、その王宮の遺跡(クセプハン)も残る。砂糖、コーヒーの集散が行われ、華僑(かきょう)、アラブ商人の居住も多い。市の北方にはこの町の創設者といわれるイブン・マウラナの廟(びょう)がある。特色あるバティク(ジャワ更紗(さらさ))生産も有名。[別技篤彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

チレボンの関連情報