コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チレボン チレボン Cirebon

2件 の用語解説(チレボンの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

チレボン(Cirebon)

インドネシア、ジャワ島西部北岸の港湾都市。旧称チェリボンジャカルタの東約200キロメートルチレボン川の河口に位置する。古くから海上交易の拠点であり、スンダ人、ジャワ人、華僑アラブ人などの文化が混在する。19世紀はじめまでスルターン王国の都が置かれ、現在もクスプハン王宮カノマン王宮、カチルボナン王宮が残っている。バティックジャワ更紗(サラサ))の産地として有名。チルボン

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チレボン
ちれぼん
Cirebon

インドネシア、ジャワ島西部北岸の港湾都市。旧称チェリボンCheribon。ジャカルタの東約200キロメートル、チレボン川河口にあり、チレメ火山(3078メートル)の北東麓(ろく)に位置する。人口22万3776(1980)。1815年まで続いたスルタン王国の首都で、その王宮の遺跡(クセプハン)も残る。砂糖、コーヒーの集散が行われ、華僑(かきょう)、アラブ商人の居住も多い。市の北方にはこの町の創設者といわれるイブン・マウラナの廟(びょう)がある。特色あるバティク(ジャワ更紗(さらさ))生産も有名。[別技篤彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チレボンの関連キーワードインドネシアインドネシア語派ジャワ海溝ジャガタラ爪哇インドネシア海溝インドネシアの恋唄インドネシア大統領邸宅タマンミニインドネシアジャワ種 (Java)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

チレボンの関連情報