コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツェレ城 ツェレじょう

世界の観光地名がわかる事典の解説

ツェレじょう【ツェレ城】

ドイツ北部、リューベック(Lübeck)の近郊ツェレ(Celle)の旧市街マルクト広場近くにある白亜の古城。ツェレは石畳の道に16~18世紀に建てられた伝統的な木組みの美しい家々が軒を連ね、その美しさから「北ドイツの真珠」と呼ばれる。ハンザ同盟都市リューベックの領主の居城として、1292年に建設された。その後、16世紀にルネサンス様式に改築され、後にバロック様式が加わった。騎士の広間や華麗なルネサンス様式の礼拝堂などが見どころといわれる。また、城の中には、ドイツで最も古いといわれるバロック様式の劇場があり、現在でもさまざまなプログラムが上演されている。この城の向かいには、リューネブルガーハイデ地方の民俗、農業文化、手工芸、ツェレの歴史、ハノーバーの軍史などを展示するボーマン博物館(Bomann-Museum)がある。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

ツェレ城の関連キーワードツェレ市庁舎マリエン教会

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android