コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツクシガヤ Chikusichloa aquafica Koidz.

世界大百科事典 第2版の解説

ツクシガヤ【Chikusichloa aquafica Koidz.】

水湿地に生えるイネ科多年草で,日本と中国の数ヵ所のみに知られた稀品の一つである。やや大型の草本で,茎は短い根茎から立ち上がり,高さは1~1.2m。葉は長い線形で,長さ40~70cm,幅は10mm内外あり,全体にざらつき,先はしだいに長くとがり,質は薄いが硬い。8~10月ころ,茎の頂に長さ50cm,幅20cmくらいのややまばらで大型の円錐花序を出す。枝は細く,開花時には斜開するが,後に中軸に沿って立ち,少数個の小穂をつける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android