広西チワン族自治区(読み)コウセイチワンゾクジチク

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

広西チワン族自治区

05年の人口4925万人のうち約4割がチワン族ヤオ族苗族、ベトナム系の京族などの少数民族。東北部にある桂林は川下り観光で有名。1人あたりの年収は、自治区内の都市部で8916元(約12万5千円)、農村部は2494元(約3万5千円)。上海の都市部の1万8645元に比べてかなり低い。ただ、最近は中央政府が進める「西部大開発」の結果、自治区の域内総生産は02年から4年連続で10%以上伸びている。

(2006-03-29 朝日新聞 朝刊 3経済)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こうせいチワンぞくじちく【広西チワン族自治区 Guǎng xī Zhuàng zú zì zhì qū】

中国華南地区の省級の自治区。中国では広西壮族自治区と書く。1958年3月5日,従来の広西省の区域に成立した。東は広東省,北は湖南省貴州省,西は雲南省,南西はベトナムに接し,南は南海のトンキン湾に臨む。略称は桂。面積23万6600km2,人口4589万(1996)。自治区政府の所在地は南寧市。1996年現在,18市(南寧,柳州,桂林,梧州,憑祥,合山,北海など),7地区,59県,12自治県から構成される。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

トランスジェンダー

性別違和をもつ人々の総称。性別違和とは,体の性的特徴,出生時の体に基づいて判別された性別や,その役割に課される性役割,性別表現など,すなわちジェンダーへの違和感である。トランスジェンダーには,他方の性...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

広西チワン族自治区の関連情報