コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツチフキ ツチフキ Abbottina rivularis

2件 の用語解説(ツチフキの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ツチフキ
ツチフキ
Abbottina rivularis

コイ目コイ科の淡水魚。雄は雌より大きくなり,雄の全長は 12cm前後,雌は 8cm前後。体はやや長く,頭部も体も側扁せず太い。体形はカマツカに似るが,カマツカほど大きくならない。口ひげは一対ある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ツチフキ
つちふき / 土吹
[学]Abbottina rivularis

硬骨魚綱コイ目コイ科に属する淡水魚。スナモロコキツネモロコともよばれる。天然分布は近畿地方中国地方九州地方の一部と、朝鮮半島、中国北部。全長10~15センチメートル程度の底生魚で、丸みを帯びた大きな背びれと太くて短い口ひげをもつ。湖沼や川の泥底部に生息し、口部を突出させて、小動物や藻類を泥といっしょに吸い込み、泥を鰓孔(さいこう)から吹き出す。3~6月に、泥底部に直径約30センチメートルの産卵床を掘って産卵し、雄が保護する習性がある。ほとんど食用としない。[水野信彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ツチフキの関連キーワードソウギョハスフナ油鮠黒鰱白鰱コイ(鯉)

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ツチフキの関連情報