コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツバキカズラ

2件 の用語解説(ツバキカズラの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ツバキカズラ

コピウエ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ツバキカズラ
つばきかずら
[学]Lapageria rosea Ruiz et Pav.

ユリ科の半耐寒性常緑つる草。チリ南部に1種が自生し、チリの国花となっている。根はアスパラガスに似ており多肉質で、多数の茎を出し、茎は細く節間がやや長い。葉は各節に互生し、濃緑色、長さ6~10センチメートル、卵状披針(ひしん)形で先はとがり、3~5本の平行脈がある。花は葉腋(ようえき)に1~3個垂下してつき、鐘形、長さ7~10センチメートル。花弁は6枚、蝋(ろう)質で淡紅から深紅色、内面に白い斑点(はんてん)がある。いくつかの栽培変種があり、アルビフローラ種は花は白色、イルスマニー種は生育が旺盛(おうせい)で花は大形、スーパーバ種はより大輪で、花は深紅色。[植村猶行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のツバキカズラの言及

【コピウエ】より

…頂部の節から紫紅色に桃色の斑紋のあるユリに似たらっぱ状の美しい花を下向きにつける。コピウエの名は現地名からきており,和名のツバキカズラは葉がツバキに似て光沢があり,花もツバキに似ていることによる。無毛の常緑低木で高さ5mくらいになる。…

※「ツバキカズラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone