コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツバクロエイ ツバクロエイ Gymnura japonica

3件 の用語解説(ツバクロエイの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ツバクロエイ
ツバクロエイ
Gymnura japonica

トビエイ目ツバクロエイ科。全長約 1mになる。体は横に長い菱形で,体盤の幅はその長さの約 2倍。背・腹面とも円滑。尾部は非常に短く,むち状で,毒棘(どくきょく)を備える。暖海性のエイで,南日本からシナ海にかけて分布する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ツバクロエイ

エイ目アカエイ科ツバクロエイ属Gymnuraに属する海産魚の総称,またはそのうちの1種を指す。名は体板が広くツバメの飛ぶように見えることに由来する。英名はbutterfly rayでやはり広い体板にちなんでいる。世界に10種ほど分布するが,日本近海にはツバクロエイG.japonica(イラスト)とオナガツバクロG.poeciluraの2種が分布する。以前は別種とされていたメガネツバクロはツバクロエイと同物異名であることが判明。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ツバクロエイ
つばくろえい / 燕
Japanese butterfly ray
[学]Gymnura japonica

軟骨魚綱エイ目アカエイ科に属する海水魚。本州中部以南、南シナ海に分布する。体盤は横に広い菱(ひし)形で、その幅は長さの1.5倍以上あること、背びれがないこと、尾部は短く体盤の長さの半分しかないことなどが特徴である。ときに目の後方に白斑(はくはん)があるものもある。日本近海には近縁種のオナガツバクロエイG. poeciluraが知られ、これは尾部が長く体盤の長さとほぼ同長である。両種とも胎生で、春に八尾程度の子を産む。底引網で漁獲され、練り製品の原料となる。[仲谷一宏]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ツバクロエイの関連キーワードアカエイヒラタエイえいえい声燕鱏・燕鱝鳶鱝赤鱏エイ鬼糸巻鱝燕鱏アカエイ科

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ツバクロエイの関連情報