コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツバメウオ ツバメウオ Platax teira

2件 の用語解説(ツバメウオの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ツバメウオ
ツバメウオ
Platax teira

スズキ目マンジュウダイ科の海水魚。全長 70cm。体は側扁し,体高は高く,ほぼ円形。背鰭および尻鰭の前部軟条が著しく長いが,ともに成長するにつれて短くなる。腹鰭も長く延長する。体色は褐色で,3本の暗褐色横帯がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ツバメウオ
つばめうお / 燕魚
batfish
[学]Platax orbicularis

硬骨魚綱スズキスダレダイ科に属する海水魚。関東地方以南の西太平洋からインド洋にかけて広く分布する。体は丸くよく側扁(そくへん)し、背びれと臀(しり)びれは著しく大きい。口は小さく、歯は細く先端は三尖頭(せんとう)に分かれ数が多い。本科の魚は幼期と成魚期とでは体色と形態が著しく変化するばかりでなく、泳ぎ方も変える。全長10センチメートルほどの幼魚は日本の沿岸に夏季から秋季に出現し、表面の流れ藻などのごみの周囲に体を横たえて枯れ葉を思わす擬態をする。全長20センチメートルくらいまではこの習性があるが、成魚は浅海の中・下層を群れで泳ぐ。近似種のアカククリP. melanosomaは、ツバメウオより小形でサンゴ礁海域で単独生活を送る。その幼魚は、苦味のあるヒラムシ類(扁形(へんけい)動物)の形態と泳ぎ方をまねた擬態を行う。日本の沿岸にはこのほかにミカヅキツバメウオP. teiraも分布するが、ほかの種と同様に成長に伴って形態の変化が大きく、幼魚時の識別はむずかしい。熱帯地方では食用とする。飼育が容易であること、形態や生態が特異であることなどで観賞魚とされる。[井田 齋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ツバメウオの関連キーワードマダイ甘鯛疣鯛巾着鯛金時鯛瘤鯛雀鯛天竺鯛笛鯛的鯛

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ツバメウオの関連情報