ツルギミドロ(英語表記)Draparnaldia plumosa (Vauch.) C.Ag.

世界大百科事典 第2版の解説

ツルギミドロ【Draparnaldia plumosa (Vauch.) C.Ag.】

日本各地の比較的きれいな水の流れる小川の石や,その他の基物について生育する草色または明るい緑色の糸状の緑藻で,体は主軸側枝区別が明りょうである。主軸は径50μm内外の樽形に近い,似た大きさの細胞が単列に結合して長さ2~3cmになり,対生または互生に分する。枝も主軸と第2次の側枝との区別が明りょうで,枝の全形は長い紡錘形を呈する。日本には近似の種D.glomerata (Vauch.) Ag.が知られるが,枝の全形が球形または扇形である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android