コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツルギミドロ Draparnaldia plumosa (Vauch.) C.Ag.

世界大百科事典 第2版の解説

ツルギミドロ【Draparnaldia plumosa (Vauch.) C.Ag.】

日本各地の比較的きれいな水の流れる小川や溝の石や杭,その他の基物について生育する草色または明るい緑色の糸状緑藻で,体は主軸側枝区別が明りょうである。主軸は径50μm内外の樽形に近い,似た大きさの細胞が単列に結合して長さ2~3cmになり,対生または互生に分枝する。枝も主軸と第2次の側枝との区別が明りょうで,枝の全形は長い紡錘形を呈する。日本には近似の種D.glomerata (Vauch.) Ag.が知られるが,枝の全形が球形または扇形である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android