コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツルマメ(蔓豆) ツルマメGlycine soja

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ツルマメ(蔓豆)
ツルマメ
Glycine soja

マメ科のつる性一年草。アジア東部に自生し,日本では北海道を除く各地の野原に普通に生える。茎は細長く伸び他物に巻きついて広がり,全草に細毛がある。葉は互生し長い柄があり,披針状楕円形の3小葉から成る複葉,まれに5小葉のこともある。夏から秋にかけて,葉腋に短い総状花序を出し,長さ 6mmほどの淡紫色の蝶形花をつける。莢は長さ2~3cm,毛におおわれ,種子は平たい楕円形で2~3個が入っている。食用に栽培されるダイズ (大豆) は本種とごく近縁種で,本種を原種として生じたとする説もある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報