コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツルラン(鶴蘭) ツルランCalanthe triplicata

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ツルラン(鶴蘭)
ツルラン
Calanthe triplicata

ラン科の常緑多年草。九州南部,琉球列島,小笠原諸島 (南硫黄島) ,中国,台湾,マレーシアマリアナ諸島ニューカレドニアオーストラリアに分布し,林床や草地に生える。地下茎は短く,偽鱗茎 (→鱗茎 ) が2~3個連なり,葉が3~6枚つく。葉は長楕円形で長さ 20~50cm,葉柄部は短く,裏にまばらに短毛がある。花茎は高さ 40~80cmで,包や子房とともに密に開出短毛がある。花期は6~9月。花茎上部に密な散房花序をつけ,白色花が長期にわたって次々に咲く。唇弁は萼片より長く,細長く3裂し,中裂片は大きく,さらに2裂して左右斜めに広がり,基部には黄色または紅色の鶏冠状突起が3条ある。は細長く,先で上向きに曲がる。和名は,唇弁の鶏冠状突起を頭に見立て,花の姿と合わせて丹頂鶴を連想したものであるという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ツルラン(鶴蘭)の関連キーワードラン科

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android