コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ティドレ島 ティドレとうPulau Tidore

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ティドレ島
ティドレとう
Pulau Tidore

インドネシア,マルク (モルッカ) 諸島北部,ハルマヘラ島西岸沖合いにある小島。主都ソアシウ。火山が多く,最高点は 1730m。かつては強力なイスラム王国が建設された。その後ポルトガル (1521) ,スペイン (1606) ,オランダ (65) などに次々と占領されたが,スルタン制度は残されてきた。土地は肥沃で,コーヒー,タバコ,果樹を栽培し,チョウジは特産。漁業も行われる。面積 120km2。人口約3万。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ティドレ島の関連キーワードマルクウタラ州マルク諸島テルナテ島ブル島

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android