コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ティドレ島 ティドレとう Pulau Tidore

2件 の用語解説(ティドレ島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ティドレ島
ティドレとう
Pulau Tidore

インドネシア,マルク (モルッカ) 諸島北部,ハルマヘラ島西岸沖合いにある小島。主都ソアシウ。火山が多く,最高点は 1730m。かつては強力なイスラム王国が建設された。その後ポルトガル (1521) ,スペイン (1606) ,オランダ (65) などに次々と占領されたが,スルタン制度は残されてきた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ティドレ‐とう〔‐タウ〕【ティドレ島】

Pulau Tidore》インドネシア東部、モルッカ諸島の島。ハルマヘラ島の西岸沖合約10キロメートルに浮かぶ。スルターンが統治する独立国を維持し、香料の交易で栄えた。ティドール島

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ティドレ島の関連キーワードインドネシア語派オビ島香料諸島バンダ海マルク諸島モルッカ諸島インドネシア海溝インドネシアの恋唄マルク[諸島]モルッカ[諸島]

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone