コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ティリュンス

百科事典マイペディアの解説

ティリュンス

ギリシア,ペロポネソス半島アルゴリス湾東岸に近いミュケナイ文明の遺跡。小高い丘上には前2000年代後半に築かれた城の廃墟があり,周囲に前13世紀の城壁が残るが,前3000年ころから住居があったと考えられる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ティリュンス【Tiryns】

ミュケナイ文明の典型的な城塞の遺跡。ペロポネソス半島のアルゴリス湾東岸に近い東西60~100m,南北約300mの靴底形をした丘の全体を,巨石で築いた厚い城壁でかためる。城内は南半と北半に分かれ,南部が宮殿部分。丘の東側の斜路を登ると厳重な城門に通じ,それから第1,第2の楼門をへて,ようやく柱廊に囲まれた中庭に面する大メガロンに達する。この建物に玉座があり,間口12m,奥行25.5m。中央にある炉は直径約3.3m。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のティリュンスの言及

【城】より

… エーゲ海文明の建築では,クレタ島の宮殿には防備施設がほとんど見られない。ギリシア本土のミュケナイは巨石を積んだ城壁(前1250ころ)で囲まれているが,塔はまったく設けられておらず,ティリュンスの城砦(前1300ころ)で,はじめて側射に配慮した城壁の築き方が現れてくる。しかし,ギリシアの諸都市では,地形に応じた不整形の市城壁で囲み,側射用の角塔や升形門が備えられるようになった。…

※「ティリュンス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ティリュンスの関連キーワードアンフィトリュオンミュケナイ文書アクリシオスベレロフォンペルセウスメランプスティリンスギリシア線文字B

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android