コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ティルチラーパリ ティルチラーパリ Tiruchirāpalli

3件 の用語解説(ティルチラーパリの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ティルチラーパリ
ティルチラーパリ
Tiruchirāpalli

インド南部,タミルナードゥ州中部の都市。ティルチラーパリ県の行政庁所在地チェンナイ (マドラス) 南西約 300km,カウベリ川南岸に位置。7~17世紀にはパッラバ,チョーラ,ビジャヤナガル各王朝の地方行政中心地で,18世紀中期,カルナータカ戦争の激戦地となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ティルチラーパリ(Tiruchirapalli)

インド南部、タミルナドゥ州の都市。英国統治時代の旧称トリチノポリーチェンナイの南西約300キロメートルカーベリ川デルタの頂部に位置する。チョーラ朝が都を置いたほか、7世紀から17世紀にかけてタミル人諸王朝の中心地の一として栄えた。18世紀半ば、英国とフランスの間で支配権を争ったカルナータカ戦争の激戦地となった。ティルチラーパッリ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ティルチラーパリ
てぃるちらーぱり
Tiruchirapalli

インド南部、タミル・ナド州中部の都市。トリチノポリーTrichinopolyともいう。人口74万6062、周辺部を含む人口84万7131(2001)。カーベリ・デルタの頂点に位置し、鉄道、道路交通の要地である。電気機械、鉄道工業や綿織物工業が盛んであり、教育機関も集中している。中世のタミル人の王国チョーラ朝はしばしばここを首都とした。18世紀中ごろには、イギリスとフランスの間のカルナータカ戦争の激戦地ともなった。[貞方 昇]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ティルチラーパリの関連キーワードコインバトールタミルタミル語マドゥライムンドゥセーラムタミルナドゥティルチラパリブリハディーシュワラ寺院アンナードゥライ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone