コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ティレル Tyrrell, George

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ティレル
Tyrrell, George

[生]1861.2.6. ダブリン
[没]1907.7.15. ストーリントン
イギリスの神学者。アングリカン・チャーチからカトリック教会への改宗者として 1881年イエズス会に入り,91年司祭となる。初めトミズムに立って哲学を教えたが,次いで説教活動に転じ,大きな成果をあげた。やがて近代主義立場をとったためイエズス会を離脱 (1906) ,自己の立場を熱烈に主張し,07年には教皇回勅に対する攻撃によって破門された。

ティレル
Tyrrell, Sir James

[生]?
[没]1502.5.6. ロンドン
イングランド王リチャード3世家臣。 1482年スコットランドとの戦いで功をあげバナレット勲位を得る。リチャード3世の命令を受けロンドン塔エドワード5世と王弟リチャードを殺害したと伝えられるがこの点は不明。のちヘンリー7世に仕えたが,1501年サフォーク伯エドマンド・ド・ラ・ポールを保護してヘンリー7世の怒りを買い捕えられて,翌年処刑された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ティレルの関連キーワードモダニズム(カトリック教会の改革運動)アルバータ州立恐竜公園ホンダエンジンの刻印クリストスフェンカトリック教会ジャン アレジゴングなき戦いフクイラプトル自動車レースバッドランドカルシック岩アルカリ岩エドワード7月17日氾濫玄武岩クリナン岩ヒューゲル礫質岩砂岩

ティレルの関連情報