コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ティンバレス timbales

大辞林 第三版の解説

ティンバレス【timbales】

鉄や銅、木胴などの片側だけにヘッドを張った打楽器。大小二個を一組みとしてスタンドに据えて、細目のスティックで演奏する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ティンバレス【timbales】

キューバ音楽の打楽器の一つ。金属(もともとはだが現在はスチール製が多い)の浅い胴の上側だけに革(牛革もしくはプラスチック)を張った,直径35~40cmくらいの太鼓の,やや大きさの違う2個を水平に並べてスタンドに取り付けたもの。棒状のスティックで打ち,音は華やかで装飾的なフレーズに適し,近年はジャズ,フュージョン,レゲエなどに幅広く使用されている。【中村 とうよう】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のティンバレスの言及

【太鼓】より

…こうした一人二役は他の地方でも行われた。 20世紀に加わったものには,小太鼓に似た片面太鼓のティンバレス,中太鼓に似たトム・トム,小さな筒形胴で手打ちのボンゴ,細長い樽形胴で手打ちのコンガなどがある。これらは2個1組で用いることが多い。…

※「ティンバレス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ティンバレスの関連キーワードサンタナ(Carlos Santana)フゥアン・カルロスT. プエンテプエンテヘッド細目片側

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android