テオドリック王告示(読み)テオドリックおうこくじ(英語表記)Edictum Theodorici

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「テオドリック王告示」の解説

テオドリック王告示
テオドリックおうこくじ
Edictum Theodorici

512~515年頃の東ゴート部族法。東ゴートのローマ人にもゲルマン人にも共通に適用されるべく,すなわちローマ人と東ゴート人融和政策に基づく立法である。 154ヵ条の本文前文および後文とから成り,内容はほとんど刑法または刑事訴訟法規定である。私法関係において不備であったために,この法典は先進国たる西ゴートの『アラリック王抄典』,ブルグンドのローマ人法を法源として使用した。さらに,ローマ人とゲルマン人との間の法律関係についてはローマ法を適用するものとした。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

受託収賄罪

公務員が,職務に関する請託を受け,これを了承したうえで賄賂を受取ったり,要求,約束したりした場合に成立する犯罪。請託のない場合は単純収賄となり,法定刑が5年以下の懲役であるのに対し,請託のあったことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android