テオドルス(英語表記)Theodorus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テオドルス
Theodorus

教皇セルギウス1世在位 687~701)とパスカリス(在位 687)の対立教皇(在位 687.9.~12.)。ローマの首席司祭を務め,教皇ヨハネス5世(在位 685~686)死去の際にも教皇候補となった。ヨハネス5世の後継者コノン(在位 686~687)が死去すると,対立する 2党派によりそれぞれ教皇選挙が行なわれ,一方はテオドルスを,もう一方はローマの助祭長(→助祭)パスカリスを教皇に選出した。両者とも教皇位を譲らなかったため,再選挙が行なわれ,新たにセルギウス1世が正統な教皇として登位した。テオドルスは即座に結果を受け入れ,セルギウス1世を認めて退位したが,パスカリスは従わなかった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

事実婚

内縁と同様,法律上の婚姻成立要件を欠くカップルの関係。内縁との違いは,当該男女が,現行の婚姻制度に対しなんらかの疑問をもち,積極的・自発的に法律婚を選択しないという点にある。たとえば,今日の法律婚は女...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android