コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

王翰 おうかん Wang Han

4件 の用語解説(王翰の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

王翰
おうかん
Wang Han

中国,盛唐の詩人。并州晋陽 (山西省太原) の人。字,子羽。景雲1 (710) 年 (一説にはその翌年) 進士に及第。并州長史であった張説に認められ,昌楽の尉となり,張説が中央で要職につくとともに中央に召されて,駕部員外郎に進んだ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

おう‐かん〔ワウ‐〕【王翰】

[687ころ~726ころ]中国、盛唐の詩人。晋陽(しんよう)(山西省)の人。字(あざな)は子羽。辺塞(へんさい)の兵士の感慨を詠じた「葡萄(ぶどう)の美酒、夜光の杯」で始まる「涼州詞」は有名。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

おうかん【王翰】

687頃~726頃) 中国、盛唐初期の詩人。字あざなは子羽。壮麗な作風の詩を得意とし、「葡萄ぶどうの美酒、夜光の杯」で始まる「涼州詞」は著名。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

王翰
おうかん
(687?―735?)

中国、盛唐期の詩人。字(あざな)は子羽。并州(へいしゅう)(山西省)晋陽(しんよう)の人。711年(景雲2)の進士。宰相張説(ちょうえつ)に礼遇されて秘書正字や賀部員外郎に抜擢(ばってき)されたが、張説が宰相をやめると、汝州(じょしゅう)(河南省)長史に出され、仙州(河南省)別駕(べつが)に改められた。最後は左遷されて道州(湖南省)司馬で終わった。剛健で自負心が強く、酒宴や狩猟を好み、音楽にうつつをぬかしたり、自らを王侯に比して人をあごで使ったりしたという。代表作『涼州詞(りょうしゅうし)』は、唐代の七言絶句のなかの名品である。「葡萄(ぶどう)の美酒夜光の杯(はい)、飲まんと欲(す)れば琵琶(びわ)馬上に催(うなが)す。酔うて沙場(さじょう)に臥(ふ)すも君笑うこと莫(な)かれ、古来征戦幾人(いくたり)か回(かえ)る」。壮麗な詩風に特色がある。[丸山 茂]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

王翰の関連キーワード王維王之渙王昌齢王通温庭筠高適傅山太原中唐楡次

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone