パスカリス(英語表記)Paschalis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パスカリス
Paschalis

[生]?
[没]692. イタリア
教皇セルギウス1世在位 687~701)とテオドルス(在位 687.9.~12.)の対立教皇(在位 687)。687年9月,教皇コノン(在位 686~687)が死去すると,ローマ市民は助祭長(→助祭)パスカリスと主席司祭テオドルスの両者を教皇として選出した。両者とも教皇位を譲らず,高位聖職者たちは問題解決のため,ローマ軍の支援を受けて新たにセルギウス1世を教皇に選出した。パスカリスは最初の選挙でラベンナ総督を買収したが,2度目の選挙ではセルギウス1世の一派が総督を買収していた。セルギウス1世は 687年12月に登位し,テオドルスは退位したが,退位を拒否したパスカリスは 692年の死去まで修道院に幽閉された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android