コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テクトナイト tectonite

2件 の用語解説(テクトナイトの意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

テクトナイト

造山運動に関与して機械的変成作用を受けて形成された変成岩.千枚岩やブラストミロナイトなどを総括した名称.バックルンドはブラストミロナイトの意味で使用している[Backlund : 1918, 渡辺編 : 1935].岩石が固体のまま流動変形した時に,鉱物の配列方向や構造要素の配列に変形の性質が現れている場合にテクトナイトという.片状構造を持つ広域変成岩火成岩流理構造を意味する初生テクトナイト,変成岩を示す二次テクトナイト,既存の構造が再結晶に影響を与える擬テクトナイトなどに分類されることもある[Sander : 1948, Fairbairn, et al. : 1949, 片山ほか編 : 1970].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

テクトナイト【tectonite】

広義には,定向配列を示す内部構造を持った岩石の総称。この場合,すべての岩石はテクトナイトと非テクトナイトとに区分される。狭義には,定向配列が岩石生成後の変形作用に原因のある場合を指し,これを二次テクトナイトまたは変成テクトナイトと呼ぶ。二次テクトナイトはさらに,面状構造の卓越するSテクトナイト,線状構造の卓越するBテクトナイト,およびある種の回転を伴う変形の結果できるRテクトナイトに区分される。これに対して一次テクトナイトといわれるものは,岩石構造の定向配列が火成岩や堆積岩の生成時にできるような初生的な場合である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

テクトナイトの関連キーワード水化学的変成作用造山変成作用等化学的変成作用動的変成作用内因的変成作用外因的変成作用静変成作用機械的変成作用タフォイド礫岩テクトナイト

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone