コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テグー

百科事典マイペディアの解説

テグー

テュートカゲ科の爬虫類。南米に広く分布。大型で,全長は1.4mにも成長する。体色に変異があり,色彩によってゴールデンテグー,ブラックテグーなどと,異なった名で呼ばれることもある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

テグー
てぐー
tegu

爬虫(はちゅう)綱有鱗(ゆうりん)目テユウ科テグー属に含まれるトカゲの総称。この属Tupinambisの仲間は別名テグトカゲとよばれ、南アメリカの北部・中部に4種が分布する。全長1.2~1.4メートルで尾はその約5分の3。体鱗は小さな鱗板状で堅く光沢がある。森林地帯にすみ、鳥類の卵を好むほか、ネズミ、魚、昆虫をもとらえる。雌は樹上性のシロアリの巣に6~8個ほど産卵する。ゴールデンテグーT. teguixinとブラックテグーT. nigropunctatusの2種は分布域が広く、インディオはその脂肪を薬用とする。[松井孝爾]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android