コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テラコッタ煉瓦 テラコッタれんが

百科事典マイペディアの解説

テラコッタ煉瓦【テラコッタれんが】

建築物の外部装飾用煉瓦。鉄分の多い可塑性のある低級粘土に着色酸化物を加え,さらにシャモット15〜35%および長石を加え低温焼成して作る。
→関連項目煉瓦

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

テラコッタれんが【テラコッタ煉瓦】

赤煉瓦は安価であるが,軟質で吸水率が高く,表面が粗く耐用性に劣るので,これに代わって,装飾性のよいテラコッタ煉瓦が造られるようになった。原料粘土は赤煉瓦より高級なものを使用し,無釉のものは発色を考慮して酸化鉄の多いものを用い,強焼して赤みを帯びた褐色に仕上げる。成形は,単純なものは機械成形するが,複雑なものはセッコウ型で鋳込成形を行う。なお,表面に彫刻や模様をつけることもある。さらに施釉し,焼成して外観をいっそう強化する場合も多い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

テラコッタ煉瓦の関連キーワード赤煉瓦

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android