テルクベトゥン(英語表記)Telukbetung

世界大百科事典 第2版の解説

テルクベトゥン【Telukbetung】

インドネシア,スマトラ島南端にある港市。人口9万1000(1971)。スンダ海峡に臨んで大きく湾入するランポン湾の奥に位置する。対岸のジャワ島メラクへは海路120kmにすぎないので,連絡船が就航し,スマトラの南の門戸として交通上の要地をなす。周辺はスマトラでのジャワ人最大の移住地となり,コーヒー,コショウ,トウモロコシなどの産がある。近年は環境の良好な北隣のタンジュンカランに繁栄が移っている。【別技 篤彦】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

テルクベトゥン
てるくべとぅん
Telukbetung

インドネシア西部、スマトラ島南部のランポン地方にある港湾都市。人口約13万。スンダ海峡に大きく湾入するランポン湾湾頭に位置する。120キロメートル隔てたジャワ島北西岸のメラク港との間に鉄道連絡船の定期航路がある。ジャワ島と密接な関係にあり、南からのスマトラ島の門戸をなす。周辺はジャワ人の最大の移住地で、コーヒー、コショウの栽培が盛んである。低湿地のため、近年は北隣のタンジュンカランが繁栄している。[別技篤彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android