コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テルクベトゥン テルクベトゥン Telukbetung

4件 の用語解説(テルクベトゥンの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

テルクベトゥン(Telukbetung)

インドネシア、スマトラ島南端の港湾都市バンダルランプンの旧称。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

テルクベトゥン

インドネシア,スマトラ島南部の港市。スンダ海峡に近いランポン湾湾頭に位置し,ジャワ島西岸のメラク港との間に定期航路が開ける。またパレンバンまで鉄道が通ずる。コショウコーヒーの集散地。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

テルクベトゥン【Telukbetung】

インドネシア,スマトラ島南端にある港市。人口9万1000(1971)。スンダ海峡に臨んで大きく湾入するランポン湾の奥に位置する。対岸のジャワ島メラクへは海路120kmにすぎないので,連絡船が就航し,スマトラの南の門戸として交通上の要地をなす。周辺はスマトラでのジャワ人最大の移住地となり,コーヒー,コショウ,トウモロコシなどの産がある。近年は環境の良好な北隣のタンジュンカランに繁栄が移っている。【別技 篤彦

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

テルクベトゥン
てるくべとぅん
Telukbetung

インドネシア西部、スマトラ島南部のランポン地方にある港湾都市。人口約13万。スンダ海峡に大きく湾入するランポン湾湾頭に位置する。120キロメートル隔てたジャワ島北西岸のメラク港との間に鉄道連絡船の定期航路がある。ジャワ島と密接な関係にあり、南からのスマトラ島の門戸をなす。周辺はジャワ人の最大の移住地で、コーヒー、コショウの栽培が盛んである。低湿地のため、近年は北隣のタンジュンカランが繁栄している。[別技篤彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

テルクベトゥンの関連キーワードインドネシア語派トバ湖スマトラスマトラ沖地震スマトラタイガーインドネシアの恋唄グランドモスクシアヌック峡谷スマトラ沖大地震・津波ガヤ種 (Gaya)

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone