コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テレビ電話 テレビデンワ

6件 の用語解説(テレビ電話の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

テレビ‐でんわ【テレビ電話】

電話回線などを利用して、音声のほかに画像も送受信できるようにした電話。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

テレビ電話

ビデオチャット」のページをご覧ください。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

テレビでんわ【テレビ電話】

音声のほかに画像を同時に伝送して,(1)対面通話,(2)テレビ会議,(3)物品の展示,(4)簡単な文章や図面の表示などを行うことのできる新通信手段であり,電話機は拡声電話部と映像部より構成されている。拡声電話部は通常の送受話器のほかに,マイクロホンスピーカーを備えており,従来の電話機のように送受話器をもって通話する必要がなく,通話中両手が自由に使えるので,物品や書画を表示する際便利であり,またこれにより少人数でのテレビ会議が実現可能となっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

テレビでんわ【テレビ電話】

音声と同時に画像を送受信することのできる通信装置。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テレビ電話
テレビでんわ
Picturephone; video-telephone

テレビカメラ,テレビ受像器と従来の電話機とを組合せ,相手を見ながら通話できるようにしたもの。従来の電話と同様に一般大衆を対象とし,交換機を通して相互に接続される。こうした映像信号を送るためには周波数帯域幅の広い伝送路が必要である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

テレビ電話
てれびでんわ
video phone

電話機、ビデオカメラ、画像送受信機、ディスプレーが一体となった装置で、通常の電話における音声だけでなく、ディスプレーによりテレビと同じように相手の画像を映し出し、顔を見ながら通話するシステムをいう。基本原理は、画像系についてはテレビジョンと同じ原理であり、カメラにより自分を映し、画像信号に分解して対地に伝送する。対地から受信した画像信号は、ディスプレー上に相手を映し出す。音声系については、通常の電話と同じ原理である。伝送コストを下げるために、デジタル技術によって画像信号と音声信号の帯域を大幅に圧縮する方式が使われる。その結果、通常の電話1回線相当(64キロビット/秒)の帯域があればほぼ実用的な通信品質が得られる。インターネット携帯電話によるテレビ電話も、64キロビット/秒で伝送されているものが多い。参加人数の多いテレビ会議などでは電話6回線相当(384キロビット/秒)の帯域を必要としている。また、大型ディスプレーを用いた臨場感のあるテレビ電話では、高精細ビデオカメラを用いており、この場合は1~2メガビット/秒の帯域を必要とする。
 テレビ電話の着想は19世紀末に発表され、1927年にアメリカのベル・システムがニューヨーク―ワシントン間で電話回線を用いてテレビ伝送に成功した。本格的な研究は1950年ころから始まったが、テレビ電話がもたらす効用に比べてコストが高く、長い間普及には至らなかった。しかし、デジタル技術の進歩による帯域圧縮とデジタル・ネットワークの発展に伴って通信コストが電話と同等になり、また端末コストも下がったため、1990年代に入り企業などのテレビ会議用として急速に普及するようになった。さらに、2000年代に入り、パソコンとインターネットを利用するテレビ電話や携帯電話端末によるテレビ電話が出現し、個人利用が拡大している。[坪井 了・三木哲也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のテレビ電話の言及

【電話】より

…第3は押しボタン信号の周波数が音声周波数帯域内に設計されているため,交換接続後でも電話網を通じて相手端末まで数字情報を伝送することができ,したがって押しボタン操作で簡易なデータ通信も可能になることである(ダイヤルパルスは音声周波数帯域外であり,最初の交換機までは伝達されるが,通信網内は伝送できない)。
[テレビ電話]
 テレビ電話はコストやニーズの点からまだ一般にはあまり普及していないが,技術的には何種類かの方式がすでに開発されている。通信網の高度化につれて,当面はビジネス通信用としてこれからしだいに普及していくものと考えられている。…

【ニューメディア】より

…彼は,〈メディア論のための積木箱〉(《Kursbuch》1970年3月号)のなかで,〈neue Medien〉という言葉に特別の意味を込めた。ここで〈ニュー・メディア〉とみなされたのは,通信衛星,カラーテレビ,有線テレビ(CATV,〈ケーブルテレビ〉),カセットビデオ,ビデオレコーダー,テレビ電話,ステレオ,レーザー技術,静電コピー,高速電子プリンター,教育機器,電子顕微鏡,無線印刷,ディジタルコンピューターである。こうした文脈のなかでは,90年代に普及するインターネットに至る電子メディアの流れが一貫したものとして把握できる。…

※「テレビ電話」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

テレビ電話の関連キーワードデータリンクパラレル伝送NAPLPS印画同時同時通訳同時録音二重音声放送音声帯域同時形質導入

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone