テンスベル(英語表記)Tφnsberg

世界大百科事典 第2版の解説

テンスベル【Tφnsberg】

ノルウェー南東,ベストフォル地方の都市。人口9137(1980)。900年前後にさかのぼるノルウェー最古の都市。古名トゥーンスベルTúnsbergは〈防備をほどこされた山〉を意味する。ベストフォル地方の王家(ハーラル1世をだしたユングリング家)の交易,宗教上の中心とされ,おそらく南のスキーリングスサルの後継地。この地方の農民集会地(民会)でもあり,中世には王の行政拠点となった4都市のひとつであった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

テンスベル
てんすべる
Tnsberg

ノルウェー南東部の町。オスロフィヨルドの西岸、テンスベルフィヨルドの湾奥に発達する。人口3万5349(2002)。バイキング時代の城跡があり、歴史の古い港町である。南に接するサンネフィヨルドの町とともに、かつては捕鯨基地であった。今日では造船業が主産業である。[竹内清文]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のテンスベルの言及

【スキーリングスサル】より

…しかし住居・墓の研究は,住民が交易をもする農漁民であったことを示している。900年ころその機能は北東のテンスベルに継承されたらしい。【熊野 聰】。…

※「テンスベル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

テンスベルの関連情報