コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オスロ オスロOslo

翻訳|Oslo

6件 の用語解説(オスロの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オスロ
オスロ
Oslo

ノルウェーの首都。旧称クリスチャニア Christiania (1624~1877) ,Kristiania (1877~1924) 。同国総人口の1割あまりを擁するノルウェー最大の都市。スカゲラク海峡からオスロフィヨルドを約 100km入ったところに位置する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

オスロ(Oslo)

ノルウェー王国の首都。同国南東部、フィヨルドの湾奥にあり、不凍の良港を有する。造船・機械などの工業が盛ん。旧称クリスチャニア。人口、行政区57万(2008)。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

オスロ

ノルウェーの首都。同国南東部,オスロ湾の奥にある港湾都市不凍港で施設も完備し,北海とバルト海を結ぶ交通の要地。金属・機械・化学・食品工業行われる。王宮(1848年建),議事堂,大学(1811年創立)をはじめ,航海博物館,民族博物館,スキー博物館などがある。
→関連項目オスロオリンピック(1952年)ノルウェー

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

オスロ【Oslo】

ノルウェーの首都。同国南部,オスロ湾の最奥に位置し,同国の政治・経済・文化の中心地。独自の1州をなす。人口48万8000(1996)。ハーラル3世が建設したとされる(1046‐50)。初期は司教座,修道院の存在によって宗教的に重要であったが,1294年には王都となり,ホーコン5世時代(1299‐1319)に隆盛をみた。その後ハンザ同盟都市(とくにロストク)の進出,デンマークとの連合,ペストの大流行等のため急速に衰退。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

オスロ【Oslo】

ノルウェー王国の首都。北海に通じるオスロ-フィヨルドの湾奥部にある。造船・機械などの工業が発達。不凍港で、かつてのノルウェー-バイキングの本拠地。旧名、クリスチャニア。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オスロ
おすろ
Oslo

ノルウェー南東部、オスロ・フィヨルドの湾奥部に発達した同国の首都。人口51万4541(2002)。北緯60度に位置するため、夏の日照時間が長く、6月には昼が18時間半も続く。平均気温は7月が15.8℃、1月が零下5.8℃で、北海道の根室の気温に近い。高緯度にあるわりには温和な気候であるが、年による変動が大きい。湾内の水深が深く、天然の良港としての条件を備えていたが、背後の溶岩台地が内陸部への交通を妨げた。19世紀末から始まった鉄道建設は、後背地を広げ、都市の成長を促した。オスロ港は、金属、繊維、油脂などを輸入し、木材、パルプ、紙、魚類などを輸出する貿易港である。東部のアーケルス川沿岸には、水力の利用によって立地した製粉、繊維、鋳物、機械、印刷などの工場が集まり、工業地帯を形成している。また造船、電気機器、紙、化学などの工業も盛んである。
 オスロの中心街は、東駅と小高い丘の上にある王宮とを結ぶカール・ヨハンス通りである。そこにはオスロ大聖堂、国会議事堂、国立劇場、オスロ大学が並ぶ。北側の通りには国立美術館と歴史博物館がある。南側のストーティングス通りとの間には美しい並木の公園がある。漁船から小エビを買い求める人たちでにぎわう波止場のすぐ後ろに、茶色の建物の市庁舎がある。内部にはノルウェー第一線の芸術家の手になる絵画や彫刻が飾られている。北西部には北欧のロダンと称されるビーゲラン(1869―1943)の彫刻を集めたフログナー公園がある。南西部のビュグドイ半島には、発掘されたバイキング船を展示するバイキング博物館や民族博物館がある。北郊の丘陵地帯には、1952年冬季オリンピックに使用されたホルメンコーレン・スキージャンプ台があり、近くのトリーバン・タワーからは展望が楽しめる。[竹内清文]

歴史

1050年ごろハラルド強意王がアーケルス川東岸に建設し、11世紀末に司教座となる。ホーコン5世はベルゲンからオスロに遷都し(14世紀初頭)、このころドイツ商人の進出で活況を呈したが、1349年の黒死病(ペスト)で衰微。1624年の大火で国王クリスティアン4世が同市を西へ移動し、クリスティアニアChristiania(Kristiania)と改名。1686年の大火を機に市域が拡大し、18世紀の木材貿易の伸展で富裕な商人階級が形成された。1811年オスロ大学設立後は文化の中心地となり、19世紀中ごろに鉄道建設が始まり、繊維・機械工業がおこった。1875年鉄道馬車が敷かれ、1894年から電化。第一次世界大戦後の民族自決の風潮のなか、1925年に旧名オスロに戻った。北欧三国とベネルックス三国(のちにフィンランドも参加)との間の「オスロ諸国協定」の成立地(1930)。第二次世界大戦時の1940~45年にはドイツ軍に占領された。1948年市域が拡張されて今日に至っている。[荒川明久]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

オスロの関連情報