コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ディスカウント・ハウス(英語表記)discount house

翻訳|discount house

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ディスカウント・ハウス
discount house

割引業者。 (1) 耐久消費財を中心に取扱い,顧客サービスを最小にし,低マージン,高回転率の営業方針をとることによって,それだけ低価格で販売することを目的とした小売形態をいう。これが発展して非耐久消費財をも取扱うようになったものがディスカウント・ストアである。 (2) 割引商社ともいう。ロンドン金融市場で銀行などからコールマネーとして借入れたごく短期の資金で,政府・地方当局・企業・商社・銀行などの振出した手形を割引き,イングランド銀行と市中銀行の間に介在して市場の円滑化に貢献している業者。コールマネーは銀行などの預金支払準備となる一方,買取った手形はおおむね期日まで保有される。そのための資金が不足のときは,ディスカウント・ハウスは公定歩合の最低でイングランド銀行から借入れることができる。そのかわりにすべての財務省証券を買取ることと,資産の半分以上を国庫債務とすることが義務づけられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ディスカウント・ハウス
でぃすかうんとはうす
discount house

第二次世界大戦後のアメリカで普及した小売形態の一つで、日本ではディスカウント・ストアと呼称する。これとは別に、ロンドンの手形割引業者(ビル・ブローカー)をいう場合もある。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android