コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ディルドリン dieldrin

翻訳|dieldrin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ディルドリン
dieldrin

ドリン系農薬の一種。アルドリンに比べて殺虫力が強く,人畜への毒性もかなり強い。残効性が大きく,蓄積性もあり,農薬取締法施行令 (1971.4.1.施行) により,土壌残留性農薬に指定されている。なおアルドリンは動物体内でディルドリンに変化する。 1981年,科学物質の審査及び製造等の規則に関する法律により,特定化学物質 (第一種特定化学物質) に指定され,すべての用途での製造,販売,使用が禁止された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ディルドリン(dieldrin)

農薬の一。有機塩素系で、果樹・野菜の害虫駆除などに使われる。土壌農作物への残留性が高く、現在は使用禁止。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ディルドリンの関連キーワード化学物質の審査及び製造等の規制に関する法律ストックホルム条約有機塩素化合物エンドリン有機塩素剤指定農薬ドリン剤農薬類衣服

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android