ディ・スベロ(読み)でぃすべろ(英語表記)Mark di Suvero

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ディ・スベロ
でぃすべろ
Mark di Suvero
(1933― )

アメリカの彫刻家。イタリア系。上海(シャンハイ)に生まれ、1941年アメリカに移住。カリフォルニア大学などで哲学、彫刻を学ぶ。50年代までは表現主義的な作品を制作していたが、60年代に木材や金属などの廃物を用いたいわゆるジャンク・アート風の作品に変化した。66年反戦運動の一環としてロサンゼルスに平和塔をつくって以来、トニー・スミス、アンソニー・カロたちの影響も受けて、金属板、タイヤなどによるモニュメンタルで環境的な構成物を手がけている。75年には、ニューヨークの五つの地区に野外彫刻を制作。後年の作品では、I形鋼のような工業用素材を用い、より線的で明確な構成をもつようになる。[藤枝晃雄・小西信之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android