コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ディーパバンサ ディーパバンサ Dīpavaṃsa

2件 の用語解説(ディーパバンサの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ディーパバンサ
ディーパバンサ
Dīpavaṃsa

パーリ語の韻文で書かれたスリランカ最古の史書。『島史』『島王統史』と訳され,4世紀末あるいは5世紀初めの成立とされるが,編者の名も伝えられていない。建国者ビジャヤに始るスリランカ王統史,仏教の成立とスリランカへの伝来,スリランカ仏教の消長などが記されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ディーパバンサ【Dīpavaṃsa】

パーリ語で書かれたスリランカ最古の編年史的叙事詩《島史》《島王統史》と訳される。4世紀後半あるいは5世紀初めの成立。編者の名は伝えられていない。全22章より成り,そのうちの第1~8章には仏教の成立からアショーカ王時代に至るインドの政治史・仏教史が,第9章以下には建国からマハーセーナ王(4世紀半ば)の時代に至るスリランカの政治史・仏教史が述べられている。古都アヌラーダプラのマハービハーラ(大寺)に伝わる仏典の注釈書の歴史編に拠って書かれたらしいが,文章はつたなく,内容に重複や飛躍が多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のディーパバンサの言及

【上座部】より

…根本分裂の原因については南・北両伝で大きな相違がある。南伝の《島史(ディーパバンサDīpavaṃsa)》《大史(マハーバンサMahāvaṃsa)》によれば,分裂の原因は十事問題である。十事とは従来の教団の規則(戒律)を緩和した十の除外例であり,この中には〈金銀を蓄えてもよい〉という条項も入っている。…

【上座部】より

…根本分裂の原因については南・北両伝で大きな相違がある。南伝の《島史(ディーパバンサDīpavaṃsa)》《大史(マハーバンサMahāvaṃsa)》によれば,分裂の原因は十事問題である。十事とは従来の教団の規則(戒律)を緩和した十の除外例であり,この中には〈金銀を蓄えてもよい〉という条項も入っている。…

【仏教文学】より

…これは,経蔵中の〈クッダカ・ニカーヤ〉におさめられているが,他のインド文学の作品や《イソップ物語》《千夜一夜物語》にも共通する説話を保有する点で,世界文学史上においても重要な文献である。このほか,叙事詩形式のものとして,スリランカにおける仏教教団の歴史を描いた《ディーパバンサ》《マハーバンサ》をあげることができる。 サンスクリット仏教文学は紀元前後から現れはじめ,内容的には仏伝,讃仏,比喩に大別することができる。…

※「ディーパバンサ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ディーパバンサの関連キーワードスリランカデービッズパーリ語マハーバンサ現代文編年史北伝仏教蘭書兎園冊スリランカの愛と別れ

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone