コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デサイ デサイ Desai, Morarji Ranchhodji

4件 の用語解説(デサイの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デサイ
デサイ
Desai, Morarji Ranchhodji

[生]1896.2.29. バデリ
[没]1995.4.10. ボンベイ
インドの政治家。グジャラート州の村に生まれ,ボンベイ大学卒業後,1918年ボンベイ州の官吏となった。 1930年マハトマ・ガンジー不服従運動に加わり,ボンベイ州のインド国民会議派の実力者となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

デサイ

インドの政治家。ボンベイ市の官吏だったが,1930年,ガンディーの対英非協力運動に参加するために地位を捨てる。1937年から1939年にはボンベイ州閣僚,独立後の1952年から1956年までボンベイ州首相。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

デサイ【Morarji Desāī】

1896‐1995
インドの政治家。1930年にガンディーの非協力運動に参加するためボンベイ州(当時)行政官の地位を捨てる。37‐39年ボンベイ州閣僚を経験,独立後はボンベイ州首相(1952‐56)を経て中央政府閣僚になる。67年副首相兼蔵相に就任するが,69年の国民会議派分裂後は野党国民会議派総裁となる。75‐77年投獄されるが,77年初めの総選挙の結果,連合政権であるジャンタ党総裁として首相に就任する。しかし党内対立のため79年7月辞任。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

デサイ
でさい
Desai Morarji Ranchhodji
(1896―1995)

インドの政治家。インド西部のグジャラート州出身。1930年にインド国民会議派民族独立運動に身を投じた。インド独立後、同党の政治家として活動したが、インディラ・ガンディー首相と対立し、会議派反対派の指導者となり、1977年にはジャナタ(人民)党を率いて念願の首相となった。しかし1979年には辞任した。思想的にはマハトマ・ガンディーの民族主義思想を継承したが、会議派内部ではもっぱら保守派の指導的な地位にあった。[中村平治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のデサイの言及

【労働価値説】より

… ところで前述の転化(転形)問題論争は主として価値と生産価格の問題に焦点を合わせながら,世界的規模で多くのマルクス経済学者と近代経済学者を巻き込み,今日なお継続して行われている現代の論争であるが,そのなかには労働価値説に対するさまざまな見解が示されている。 《資本論》の方法になお残された問題があることを意識しつつ,それを新たな角度から把握しなおそうと試みる欧米のマルクス経済学者のなかには,マルクスの価値論を単なる労働による商品の交換価値の決定の問題にとどめることなく,剰余価値の生産をめぐる資本と賃労働との生産関係を解明するものとする見解を主張するものがあり,それはデサイMeghnad Desai(1940‐ )の《マルクス経済学》(1979)のように〈目に見えない価値の領域〉と〈目に見える価格の領域〉とを次元的に区別し,日本の宇野理論による研究の成果と興味ある類似を示しているものもある。他方,論争の過程で近代経済学の側から労働価値説がきわめて限定的な条件でしか成立しえないとする森嶋通夫や,それを形而上学として葬り去ろうとするP.A.サミュエルソンなど,かつてO.ランゲやJ.ロビンソンなどが主張したようないわば伝統的な理解の枠のなかでの議論をくり返しているもののほかに,最近マルクス経済学者のなかにも,P.スラッファの影響を受けたスティードマンIan Steedman(1941‐ )の《スラッファ以降のマルクス》(1977)のように,結合生産物の場合には負の価値が成立しうるとして労働価値説を否定する論者があらわれて大きな関心を集めている。…

※「デサイ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

デサイの関連キーワードインディアンガンジーネルーバーガンディープラサドインディーキャンディーランドインディーズバンドダーンゲーDel

デサイの関連情報