デスパニエ(英語表記)Jean d’Espagnet

世界大百科事典 第2版の解説

デスパニエ【Jean d’Espagnet】

1560ころ‐?
フランスの学者。南フランスのサン・テミリオンで生まれたと推定される。司法界の人として,ボルドーの最高法院院長や法令院院長を務め,バスク地方の魔女裁判,南フランスの新教徒反乱等に関係した。人文主義の流れを汲むラテン語の詩作や《若き君主のための教育論》等の著書があるが,著述家としては錬金術の分野でより多く知られ,《自然哲学再興の手引書》と《ヘルメス哲学の秘法》(ともに1623)を著した。前者は新プラトン主義やグノーシス思想の影響が濃い一種の自然哲学で,原物質から黄金の完成へ向かう錬金工程を,天地の創造と万物の形成過程に重ね合わせながら展開している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android