コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デスパニエ Jean d’Espagnet

世界大百科事典 第2版の解説

デスパニエ【Jean d’Espagnet】

1560ころ‐?
フランスの学者。南フランスのサン・テミリオンで生まれたと推定される。司法界の人として,ボルドーの最高法院院長や法令院院長を務め,バスク地方の魔女裁判,南フランスの新教徒反乱等に関係した。人文主義の流れを汲むラテン語詩作や《若き君主のための教育論》等の著書があるが,著述家としては錬金術の分野でより多く知られ,《自然哲学再興の手引書》と《ヘルメス哲学の秘法》(ともに1623)を著した。前者は新プラトン主義やグノーシス思想の影響が濃い一種の自然哲学で,原物質から黄金の完成へ向かう錬金工程を,天地の創造と万物の形成過程に重ね合わせながら展開している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

デスパニエの関連キーワードグスタフフランソワ今川義元浅井長政グスタフ伊木山城クーザンエリザベス(1世)久松氏桶狭間の戦い

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android