コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デッサウ-ヴェルリッツの庭園王国 デッサウヴェルリッツのていえんおうこく

世界遺産詳解の解説

デッサウヴェルリッツのていえんおうこく【デッサウ-ヴェルリッツの庭園王国】

2000年に登録された世界遺産(文化遺産)。デッサウとヴェルリッツはドイツ中北部の町で、エルベ川支流沿いに位置する。この庭園はヨーロッパ大陸で最初に造られた英国式庭園とされる。レオポルド・フリードリヒ・フランツ(1740~1817年)により造園が始められたのは1765年頃で、造園家はヨハン・フリードリヒ・アイザーベック。庭園にあるルソー島はジャン・ジャック・ルソーが埋葬されたエルムノンヴィルの島を模したものである。また神殿や宮殿など多くの建物が庭園の敷地内に建造されており、これらは中央ヨーロッパの建築に影響を与えた。◇英名はGarden Kingdom of Dessau-Wörlitz

出典 講談社世界遺産詳解について 情報

デッサウ-ヴェルリッツの庭園王国の関連キーワード星図自動車電話よしもとばなな奈良美智2000年問題プーチンシャキール オニール2000年問題青木淳岡本太郎

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android