ヨハン

百科事典マイペディアの解説

ヨハン

オーストリア大公。神聖ローマ皇帝フランツ2世の弟。教育・産業の振興に努力して国民の信望を得,1848年フランクフルト国民議会に推挙されてドイツ執政に就任,臨時中央政府を組織したが,革命の失敗により1849年辞任。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヨハン
よはん
Johann, Erzherzog von sterreich
(1782―1859)

ドイツ皇帝レオポルト2世の第13子。ナポレオン戦争に活躍したが、宮廷の自由主義者としてチロール、ついでシュタイアーマルクにあって民衆とともに生き、1848年三月革命に際してはフランクフルトにおいて帝国摂政Reichs-verweserに選ばれた。49年辞任後もアルペン地方、ことに王家発祥の地スイスを愛し、地方文化や公益事業に尽くし、民衆から「無冠のアルプス王」とよばれた。[進藤牧郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

ヨハン

生年月日:1782年1月20日
オーストリア大公,オーストリアの軍人
1859年没

ヨハン

生年月日:1801年12月12日
ザクセン王(在位1854〜73)
1873年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ヨハンの関連情報