コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デマンド・レスポンス(DR) でまんど・れすぽんす Demand Response(DR)

1件 の用語解説(デマンド・レスポンス(DR)の意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

デマンド・レスポンス(DR)

電力受給の制御において、供給側が電気料金設定をピーク時に割高にしたり、適切な節電に対しインセンティブを支払うなどの各種の設定を行うことで、電力消費抑制を促進し、電力受給の協調を図る方式のこと。経済産業省はデマンド・レスポンスを次世代省エネ産業としてサービスの事業化に向け、2013年秋にも実証実験を始める方針を固めた。電力会社と大口利用者の間に「アグリゲータ」と呼ばれる仲介業者が入り、電力会社の供給余力が少なくなった場合、利用者に電力使用抑制を働きかける。電力会社は仲介事業者に手数料を支払い、利用者は需給次第で使用量を調整させられる代わりに、仲介業者から金銭などの対価を得る。仲介業者には、こうしたシステムを扱う電機メーカーなどの参入が見込まれる。米国では省エネビジネスとして定着しており、福島第一原発事故を契機に注目を浴びるようになった。

(2013-7-2)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デマンド・レスポンス(DR)の関連キーワードオール電化需要供給の法則デマンドコントロール事業報酬負の制御電気料金の原価電気料金のしくみ電力使用を規制する方法企業向けの電気料金電気料金と原価

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone