コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デュアルコアプロセッサー デュアル コア プロセッサー

4件 の用語解説(デュアルコアプロセッサーの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

デュアルコアプロセッサー

同一のパッケージ内部に、演算処理回路(コア)を2つ持つCPUの総称。見た目は1つのCPUで、2つのCPUのように機能する。2つの処理を同時に実行させることによって、コンピューターの処理性能を上げられる。複数のコアを持つCPUを総じてマルチコアプロセッサーといい、4つのコアを持つCPUは、クアッドコアプロセッサーと呼ぶ。1つのコアの性能を上げるよりも、技術やコスト面で容易なことから、CPUのマルチコア化が進んでいる。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

デュアルコア‐プロセッサー(dual-core processor)

二つのコア(演算回路の中核部分)を集積したマイクロプロセッサー。二つの異なる処理を独立して同時に実行できるため、総合的な実行効率が上がる。デュアルコアCPU。→クアッドコアプロセッサーマルチコアプロセッサー

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

IT用語がわかる辞典の解説

デュアルコアプロセッサー【dual core processor】

1台のマイクロプロセッサーに2つのコア(演算回路の中核部分)が搭載されたもの。個々のコアへの負荷を分散させることで、処理速度の高速化を図る。◇略して「デュアルコア」ともいう。また、「デュアルコアCPU」ともいう。複数のコアが搭載されたものを総称して「マルチコアプロセッサー」といい、4つのコアが搭載されたものを特に「クアッドコアプロセッサー」という。

出典|講談社
IT用語がわかる辞典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

デュアルコアプロセッサー
でゅあるこあぷろせっさー
dual core processor

一つのプロセッサーパッケージの中に、二つのコア(演算装置)をもつCPUのこと。従来の一つのコアのみのプロセッサーはシングルコアという。コアはそれぞれ独立していて並列で動作するため、従来のシングルコアに比べて処理能力が大きく向上する。そのため、複雑な演算処理を伴うソフトウェアや、複数の処理を同時に行うマルチタスクも、速やかに実行できる。
 インテル社やAMD社などからパソコン用のデュアルコアプロセッサーが販売されており、搭載パソコンが増加している。デュアルコアの性能を最大限に引き出すために、分散処理に対応したアプリケーションソフトウェアも主流になりつつある。また、四つのコアを搭載したものをクアッドコア、八つのコアを搭載したものをオクタコアとよび、それら複数のコアをもつものをマルチコアプロセッサーと総称する。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

デュアルコアプロセッサーの関連情報