コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デュベルジエ・ド・オーランヌ デュベルジエ・ド・オーランヌ Duvergier de Hauranne, Jean

1件 の用語解説(デュベルジエ・ド・オーランヌの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デュベルジエ・ド・オーランヌ
デュベルジエ・ド・オーランヌ
Duvergier de Hauranne, Jean

[生]1581. バヨンヌ
[没]1643.10.11. パリ
フランスの神学者。代表的ジャンセニスト。ルーアンで神学を学び,C.ヤンセニウスと親交を結び,1611~16年ともにデュベルジエ邸にこもって研究。 18年司祭。 20年サン・シラン大修道院長 (以後一般に「サン・シランの神父」と呼ばれる) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デュベルジエ・ド・オーランヌの関連キーワードあばよ然ればよ没・歿勃・歿・没已んぬる哉カリヨン広場サバよむ/サバヨミする北海道旭川市台場四条ビヨ・バレンヌ,J.N.ヨンヌ[川]

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone