コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デュラフォア デュラフォアDieulafoy, Georges

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デュラフォア
Dieulafoy, Georges

[生]1839.11.18. ツールーズ
[没]1911.8.16. パリ
フランスの外科医。 1884年パリ医科大学教授。彼の名は虫垂炎の3主徴 (反射性腹筋れん縮,マックバーネ点の圧痛,皮膚過敏) をいう「デュラフォアの3徴」,急性孤立性胃びらんをいう「デュラフォアびらん」,胸腔内の貯留液を排出させるガラス器の呼び名「デュラフォア吸引器」などに残されている。

デュラフォア
Dieulafoy, Marcel-Auguste

[生]1844.8.3. ツールーズ
[没]1920.2.25. パリ
フランスの考古学者。スサの遺跡中ダレイオス1世とアルタクセルクセス2世の宮殿を発掘した。膨大な考古学的遺物を収集し,それらはルーブル美術館に収められている。主著『ペルシアの古代美術』L'Art antique de la Perse (5巻,1884~89) ,『スサのアクロポリス』L'Acropole de Suse (90~92) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デュラフォアの関連キーワード8月3日

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android