コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デ・リーベロ De Libero, Libezo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デ・リーベロ
De Libero, Libezo

[生]1906
イタリアの詩人。エルメティズモ派の一人。主著『至天』 Solstizio (1934) ,『祝宴』 Banchetto (49) ,『古いアルバム』 Vecchio album (55) ,『残り火』 Di brace in brace (71) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

デ・リーベロ
でりーべろ
Libero De Libero
(1906―1981)

イタリアの詩人、小説家。自己の内面に視点を据えて、アナロジーを多用する叙情詩『至点』(1934)や『諺(ことわざ)』(1937)などから、第二次世界大戦の経験を経て、社会へも目を向けるようになり、リアリスティックな傾向の強い『外国人の本』(1946)などの作品を発表。『残り火から残り火へ』(1971)では暴力に痛めつけられた人間の反抗を描く。『黒い手袋』(1959)など、小説も多い。[川名公平]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デ・リーベロの関連キーワード児童雑誌ファリエールサンジカリズム鉄筋コンクリート構造ドゥーマ夏目漱石日本郵便制度史(年表)[各個指定]芸能部門[各個指定]工芸技術部門内閣総理大臣

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android