コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デ・リーベロ デ・リーベロDe Libero, Libezo

2件 の用語解説(デ・リーベロの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デ・リーベロ
デ・リーベロ
De Libero, Libezo

[生]1906
イタリアの詩人。エルメティズモ派の一人。主著『至天』 Solstizio (1934) ,『祝宴』 Banchetto (49) ,『古いアルバム』 Vecchio album (55) ,『残り火』 Di brace in brace (71) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

デ・リーベロ
でりーべろ
Libero De Libero
(1906―1981)

イタリアの詩人、小説家。自己の内面に視点を据えて、アナロジーを多用する叙情詩『至点』(1934)や『諺(ことわざ)』(1937)などから、第二次世界大戦の経験を経て、社会へも目を向けるようになり、リアリスティックな傾向の強い『外国人の本』(1946)などの作品を発表。『残り火から残り火へ』(1971)では暴力に痛めつけられた人間の反抗を描く。『黒い手袋』(1959)など、小説も多い。[川名公平]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

デ・リーベロの関連キーワード児童雑誌生田長江小松耕輔島村抱月ドールンブルックベアトヘボンメッケルセリエイト組織

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone