コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デ・リーベロ デ・リーベロ De Libero, Libezo

2件 の用語解説(デ・リーベロの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デ・リーベロ
デ・リーベロ
De Libero, Libezo

[生]1906
イタリアの詩人。エルメティズモ派の一人。主著『至天』 Solstizio (1934) ,『祝宴』 Banchetto (49) ,『古いアルバム』 Vecchio album (55) ,『残り火』 Di brace in brace (71) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

デ・リーベロ
でりーべろ
Libero De Libero
(1906―1981)

イタリアの詩人、小説家。自己の内面に視点を据えて、アナロジーを多用する叙情詩『至点』(1934)や『諺(ことわざ)』(1937)などから、第二次世界大戦の経験を経て、社会へも目を向けるようになり、リアリスティックな傾向の強い『外国人の本』(1946)などの作品を発表。『残り火から残り火へ』(1971)では暴力に痛めつけられた人間の反抗を描く。『黒い手袋』(1959)など、小説も多い。[川名公平]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デ・リーベロの関連キーワードエルメティズモカンパーナコラッツィーニモンターレイタリアンエルメニアトルメイタイタリアのハロルドイタリア料理の日クアジモド

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone