データサイエンティスト(読み)でーたさいえんてぃすと(英語表記)data scientist

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

データサイエンティスト
でーたさいえんてぃすと
data scientist

さまざまな課題の解決や展望を予測するため、膨大に蓄積されているビッグデータの内容やその分布を調べ、特定の傾向や性質に基づいた解析によって適切な解決方法を提示・評価する職業。ICT(情報通信技術)の環境整備を背景に、企業などが収集、蓄積するデータの種類や量は爆発的に増加し続けており、ここから必要なデータを取り出し、効果的に実際のビジネスや社会活動に利用するデータサイエンティストの存在が注目されている。21世紀は「データが産業のコメになる」といわれており、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)によるユーザー情報の収集や、POS(ポス)データによる商品管理情報などの膨大なデータをどのように企業マネジメントやビジネス戦略に役だてるかが課題になっている。
 従来のITエンジニアが担っていた情報処理やプログラミングの技術に加え、社会や企業の動向を数理モデルに反映するには幅広い知識が必要になる。現在の企業では、得意分野ごとに専門家がデータサイエンスチームを編成し、このようなデータ分析にあたっているのが実情である。日本では、データサイエンティストのような専門家や研究者を育成する学術的な基盤や養成プログラムはまだ存在していないが、2013年(平成25)7月に、データサイエンティストに対する支援と啓蒙活動などを目的とした一般社団法人データサイエンティスト協会が発足した。
 アメリカにおけるデータサイエンティストという仕事への認識もまだ新しいもので、2012年に行われた大統領選挙の際、統計学の専門家シルバーNate Silver(1978― )が、全米50州の選挙結果を予測し、すべて的中させたことで認知度が高まった。シルバーは特別なデータを利用せず、過去と現在の世論調査や経済指標など、一般に入手可能な幅広いデータを活用し、だれが勝利するかを判定する数理的分析手法によって完璧な分析結果を得た。シルバーは2008年の大統領選挙の際にも、50州中で49州の投票結果を的中させたことで話題となり、2009年にはアメリカの週刊誌『タイム』が選ぶ「世界でもっとも影響力がある100人」に選ばれた。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

知恵蔵miniの解説

データサイエンティスト

データ分析を専門とする研究者および技術者。また、巨大で複雑なビッグデータを分析し、ビジネスに活用できる知見課題解決への道筋を引き出す職業のこと。データ分析に不可欠な情報処理統計学機械学習などの専門知識のほか、ビジネスや市場トレンドに関する幅広い知識が求められる。2012年にアメリカの経営学誌ハーバード・ビジネス・レビューが「21世紀の最もセクシーな職業」と表現したことで、国際的に注目されるようになった。

(2019-8-22)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

今日のキーワード

iPhone 11

アメリカのアップル社が2019年9月10日に発表したスマートフォン。日本では9月20日に、標準機種となるiPhone 11と、その上位機種であるiPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

データサイエンティストの関連情報