コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トゥンクアブドゥルラーマン国立公園 トゥンクアブドゥルラーマンコクリツコウエン

デジタル大辞泉の解説

トゥンクアブドゥルラーマン‐こくりつこうえん〔‐コクリツコウヱン〕【トゥンクアブドゥルラーマン国立公園】

Tunku Abdul Rahman National Park》マレーシア、ボルネオ島北東部、サバ州の都市コタキナバルの沖合にある海洋国立公園。ガヤ島マヌカン島サピ島、マムティク島、スルグ島の大小5島と周辺海域からなる。1974年に設立。豊かな自然景観に恵まれ、海水浴を楽しめる白い砂浜があり、散策路が整備されている。同国を独立に導いたマラヤ連邦初代首相ラーマンの名を冠する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

トゥンクアブドゥルラーマン国立公園の関連キーワードマハティールラザクイスラム協力機構バシャニーバングラデシュ独立問題ラーマン(Sheikh Mujibur Rahman)KOMTARスルターンアブドゥルサマドビルアブドゥッラーハムカ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android