トゥンクアブドゥルラーマン国立公園(読み)トゥンクアブドゥルラーマンコクリツコウエン

デジタル大辞泉の解説

トゥンクアブドゥルラーマン‐こくりつこうえん〔‐コクリツコウヱン〕【トゥンクアブドゥルラーマン国立公園】

Tunku Abdul Rahman National Park》マレーシア、ボルネオ島北東部、サバ州の都市コタキナバルの沖合にある海洋国立公園。ガヤ島マヌカン島サピ島、マムティク島、スルグ島の大小5島と周辺海域からなる。1974年に設立。豊かな自然景観に恵まれ、海水浴を楽しめる白い砂浜があり、散策路が整備されている。同国を独立に導いたマラヤ連邦初代首相ラーマンの名を冠する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android