コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トゥールコアン Tourcoing

世界大百科事典 第2版の解説

トゥールコアン【Tourcoing】

フランス北部,ノール県の都市。人口9万4000(1990)。ベルギー国境に近く,県都リールおよび南に接するルーベとコナベーション(連接都市)をなす。ルーベとともにフランス羊毛工業では最大の生産地。12世紀にはすでに毛織物を生産していたことが知られており,15世紀末にはオーストリアのマクシミリアン1世により自由定期市開催の特権を与えられた。19世紀には羊毛工業,綿工業が著しく発展した。【礒部 啓三】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トゥールコアン
とぅーるこあん
Tourcoing

フランス北部、ノール県の都市。人口9万3540(1999)。近接するリール、ルーベとともにコナベーション(連接都市)を形成する。ルーベと同じく繊維工業の中心地で、15世紀以来の羊毛工業を主体として既製服、靴下、じゅうたん製造が盛ん。金融、商業の中心地でもある。作曲家アルベール・ルーセルの生誕地。[高橋伸夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

トゥールコアンの関連キーワードルーセル(Albert Roussel)リール(フランス)ダンケルクルーベーチュミ

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android