トウィード川(読み)トウィードがわ(英語表記)River Tweed

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「トウィード川」の解説

トウィード川
トウィードがわ
River Tweed

イギリススコットランド南東部,スコティッシュボーダーズを流れる川。全長 156km。トウィーズウェルに源を発し,北東へ流れたのち東に方向を転じ,メルローズ付近まではサザン高地に刻まれた峡谷を流れるが,それより下流は広い谷を流れ,ケルソー付近でマースと呼ばれる肥沃な平野に出る。下流部の約 30kmはイングランドとの境界をなして北東に流れ,最下流部の約 3kmはイングランド北端部を横切って東流し,ベリックアポントウィード北海に注ぐ。主要支流は右岸のエトリック=ヤロー川,ティービオト川,左岸のガラ川など。流域では早くから羊毛工業が発展し,沿岸には小さな毛織物工業の町や市場町が多く,有名な修道院の遺跡がいくつかある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android